“サメ肌“で燃費向上 全日空がCO2削減の新機体

全日本空輸が公開した環境に配慮した機体=3日午前、東京都大田区
全日本空輸が公開した環境に配慮した機体=3日午前、東京都大田区

全日本空輸は3日、環境に配慮した新しい機体を東京都内で公開した。機体表面に空気抵抗を減らす「サメ肌」状の特殊なフィルムを貼ることで燃費を向上させ、二酸化炭素(CO2)削減につなげる。今後、運航を通じて効果を検証し、将来的に全ての機体への導入を目指す。全日空によると、こうした取り組みは日本の航空会社で初めて。

まずは国内線と国際線で1機ずつ、順次運航を開始する。全日空が所有する全ての機体表面の8割にフィルムを装着すると、年間で約30万トンのCO2排出削減効果が見込まれるという。

全日空の井上慎一社長は「この技術は世界に誇るべきものだ。実際に効果を出していくことで大きな価値になっていく」と意気込みを語った。

全日本空輸が公開した環境に配慮した機体=3日午前、東京都大田区
全日本空輸が公開した環境に配慮した機体=3日午前、東京都大田区
環境に配慮した新しい機体を紹介する全日空の井上慎一社長=3日午前、東京都大田区
環境に配慮した新しい機体を紹介する全日空の井上慎一社長=3日午前、東京都大田区

会員限定記事会員サービス詳細