露元TV編集者を指名手配 反戦主張、自宅軟禁脱出

3月、ロシアのテレビの生放送中、キャスターの背後で「戦争反対」などと書いた紙を掲げるオフシャンニコワさん(ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問のツイッターより、共同)
3月、ロシアのテレビの生放送中、キャスターの背後で「戦争反対」などと書いた紙を掲げるオフシャンニコワさん(ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問のツイッターより、共同)

ロシア政府系テレビの生放送中に反戦メッセージを掲げて罰金刑を受けた元番組編集者マリーナ・オフシャンニコワさんが3日までに、裁判所の決定による自宅軟禁下にありながら、娘を連れて自宅を出た。元夫がロシアメディアに明かした。行き先は不明という。内務省はオフシャンニコワさんを指名手配した。

オフシャンニコワさんはロシア軍に関する虚偽情報を広めたとして捜査を受け、モスクワの裁判所が8月、10月9日まで自宅軟禁とする決定を出していた。

「第1チャンネル」の番組編集者だったオフシャンニコワさんは、ロシアのウクライナ侵攻開始後の3月半ば、ニュース番組放送中に「プロパガンダを信じるな」などと書いた紙を広げた。罰金刑を受けた後に出国しドイツのメディアなどで活動。7月に帰国した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細