「細田議長は見過ごせない」 立民・辻元氏が旧統一教会追及に意欲 自身も接点判明

参院本会議に臨む立憲民主党の辻元清美氏=3日午前、国会・参院本会議場(矢島康弘撮影)
参院本会議に臨む立憲民主党の辻元清美氏=3日午前、国会・参院本会議場(矢島康弘撮影)

立憲民主党の辻元清美参院議員は3日、国会内で記者団に、平成24年に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体が主催した勉強会に出席し、会費を支払った経緯を説明した。出席したのは教会関連団体が主催した郷土史の勉強会で、旧統一教会の関連団体であることを認識していなかったという。

辻元氏は記者団に「地域の公民館の会など、(旧統一教会は)地域にも浸透している。これから追及していきたい」と強調した。

日本維新の会の馬場伸幸代表から「ブーメランのプロ」と揶揄(やゆ)されたことに関しては、「(追及姿勢に変化は)ありません。(旧統一教会との関係が指摘される)細田博之衆院議長にはしっかり説明してもらわないと、見過ごすわけにはいかない」と息巻いた。

会員限定記事会員サービス詳細