フォト特集

村上宗隆56号、三冠王達成 王さん抜き日本選手最多本塁打

7回 今季56号本塁打を放ったヤクルト・村上宗隆 =神宮球場(撮影・中井誠)
7回 今季56号本塁打を放ったヤクルト・村上宗隆 =神宮球場(撮影・中井誠)

プロ野球ヤクルトの村上宗隆内野手(22)が3日、東京都新宿区の神宮球場で行われたレギュラーシーズンの今季最終戦で56号本塁打を放ち、1964年の王貞治(巨人)の55本を抜いて日本選手のシーズン最多記録を更新した。本塁打王に加えて打率3割1分8厘で首位打者、134打点で打点王と打撃主要3部門のタイトルを独占する三冠王にも輝いた。

ギャラリーページで見る

本塁打は王の記録に並んだ9月13日以来で、2013年にバレンティン(ヤクルト)がつくった60本の最多記録に次いで歴代単独2位となった。三冠王は04年の松中信彦(ダイエー=現ソフトバンク)以来18年ぶり8人目(通算12度目)で令和初。セ・リーグでは1986年のバース(阪神)以来。22歳での達成は82年の落合博満(ロッテ)の28歳を上回る最年少記録。


会員限定記事会員サービス詳細