大石警視総監が退任、後任に警察庁の小島官房長

大石吉彦警視総監(代表撮影)
大石吉彦警視総監(代表撮影)

警視庁の大石吉彦警視総監(59)が退任し、第98代警視総監に警察庁の小島裕史官房長(57)を起用する人事案が3日の閣議で了承された。6日付となる。

小島氏は大阪府出身で東大法学部卒。昭和63年に警察庁に入った。公安、外事部門が長く、警視庁公安総務課長、警察庁外事課長などを歴任。天皇陛下のご即位に伴う一連の行事では警視庁の警備部長として警備に当たった。昨年の東京五輪の際は北海道警本部長としてマラソンと競歩の警備を任された。その後、3年9月から官房長を務めていた。

大石氏は3年9月の総監就任後、首都直下地震などの災害対策強化に取り組んだほか、9月に行われた安倍晋三元首相の国葬警備を指揮した。

会員限定記事会員サービス詳細