カズ、29年ぶり因縁の地ドーハへ W杯アンバサダー就任

三浦知良がアンバサダーに就任。ドーハを29年ぶりに訪問することになった。(撮影・宇賀神隆)
三浦知良がアンバサダーに就任。ドーハを29年ぶりに訪問することになった。(撮影・宇賀神隆)

サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)鈴鹿ポイントゲッターズに所属する元日本代表の三浦知良(55)が3日、11月20日に開幕するワールドカップ(W杯)カタール大会公式スポンサーの家電メーカー「ハイセンスジャパン」のW杯プロジェクトアンバサダーに就任し、東京都内記者会見した。

会見では、日本の初戦となるドイツ戦を現地からリポートすることも発表。1994年W杯アメリカ大会出場を逃した93年の〝ドーハの悲劇〟以来29年ぶりに因縁の地へ行くことになり、「29年の成長、日本サッカーの進化、経験値を見れると思うとわくわくする。一緒に(ドーハの悲劇を)戦った森保監督のDNAが選手たちに伝わって、W杯で躍動してもらいたい」とエールを送った。

優勝国には自身がプロキャリアをスタートさせた「ブラジル」と予想。親交のあるFWネイマール(パリ・サンジェルマン)への思い入れが強く、「本人は最後のW杯といっている。彼の力で優勝させられたら、今以上の輝きを放つと思う」と熱弁した。

注目選手には、ネイマールのほか、日本のMF鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)を挙げ、「点も取れるし、アシストもできる。ゲームも作れる、流れもみられる。オールラウンドに活躍できる選手」と絶賛。「日本のベスト8進出には鎌田選手の力が必要」と期待を寄せた。

11月1日には運命のメンバー発表が控える。自身は98年W杯フランス大会で、衝撃の代表落選を経験した。「W杯は当然いまでも僕にとっては夢の舞台で、ある意味では目標もある」と複雑な思いを明かしつつ、「もしかして1日に(メンバーに)入ってたら、(アンバサダーの仕事は)全部キャンセルですから」と笑いを取ることも忘れなかった。

会員限定記事会員サービス詳細