村上に他球団も驚き 西武山川「人間じゃない」

【プロ野球ヤクルト対DeNA】7回、今季56号本塁打を放ったヤクルト・村上宗隆=神宮球場(撮影・中井誠)
【プロ野球ヤクルト対DeNA】7回、今季56号本塁打を放ったヤクルト・村上宗隆=神宮球場(撮影・中井誠)

ヤクルトの村上の躍進を目にした他球団の選手からは驚きの声が上がった。パ・リーグで41本塁打を放って本塁打王となった西武の山川は「すごい、という言葉を超えている。人間じゃない。(本塁打数で)勝ちたいと途中まで思っていたけど、諦めた」と笑い、規格外の活躍に脱帽した。

広角に打ち分け、穴が少なく、ボール球も振らない。阪神の青柳は「四球でもしようがない、単打OKくらいの気持ち。意識して抑えられる打者じゃない」。DeNAの今永も「低めに150キロを投げられたら抑えられるという打者ではないし、その領域にいない」と言う。

少しでも形を崩そうと中日は極端な攻めを見せたことがある。プロ野球新記録の5打席連続本塁打を許した8月2日は変化球主体、外角中心の配球が目立った。一転、同21日の対戦は内角一辺倒で2打数無安打に。立浪監督は「徹底していろいろなことをやっていかないと」と言い、チームとして攻略の糸口を探った。

会員限定記事会員サービス詳細