大谷、17試合連続安打 日米で自己最長タイ 5打数1安打

レンジャーズ戦の1回、中前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
レンジャーズ戦の1回、中前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は2日、本拠地アナハイムでの今季最終戦、レンジャーズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。メジャーで自己最長記録更新中の連続試合安打を17に伸ばした。5打数1安打1得点、2三振で、打率は2割7分5厘。

相手先発は右腕ミラー。一回1死一塁での第1打席は5球目のフォーシームを打ち返して中前打。大量6点を挙げるきっかけを作った。日本ハム時代に並ぶ17試合連続安打とした。

二回無死一塁での第2打席はカーブにタイミングを外されて空振り三振。トラウトの39号の後の四回無死走者なしの第3打席は内角低めのカーブに空振り三振。六回2死走者なしの第4打席は2番手左腕キングのシンカーに詰まって三ゴロ。マウンドが3番手右腕サンタナに代わった八回1死一塁での第5打席はいい当たりの二ゴロ併殺打、今季本拠地のファンの前で最終打席となった。

レンジャーズに勝利し、チームメートを迎えるエンゼルス・大谷(17)=アナハイム(共同)
レンジャーズに勝利し、チームメートを迎えるエンゼルス・大谷(17)=アナハイム(共同)

チームは8-3で勝ち、7連勝。

大谷は前日1日にはチームのMVPの表彰を受けた。ア・リーグのMVPは、ヤンキースのジャッジと激しく争っている。ジャッジはこの日、無安打で本塁打は61本のまま、打率が2位の3割1分1厘に下がり、三冠王は微妙な状況になっており、賞の行方はますます見えなくなってきた。

来季の契約も3000万ドル(約43億5000万円)で締結したことが発表された。日本選手で最高、年俸調停を受ける権利を持つ選手の最高額も更新した。1年契約で来オフにはFA権も得る。球団オーナーも代わることになっており、大谷の周囲は今回の契約で落ち着くかはわからないだろう。

会員限定記事会員サービス詳細