「プーチン氏抑制利かず」 米長官、核使うなと警告

演説するロシアのプーチン大統領=9月30日、モスクワ(ロイター)
演説するロシアのプーチン大統領=9月30日、モスクワ(ロイター)

オースティン米国防長官は2日放映の米CNNテレビの番組で、ウクライナ侵攻を巡り核兵器使用の可能性を示唆するロシアのプーチン大統領について「抑制が利いていない」と危機感を示した。ロシアのショイグ国防相に対し、核使用に関して「無責任な行動をするな」と警告したことも明らかにした。

ロシアが核を使用するかどうかはプーチン氏自身が決めるとの認識を示し「ウクライナに侵攻するという無責任な決断をしたように(核使用という)別の決断もし得るが、そのような兆候は見受けられない」と語った。

ウクライナ東南部4州併合を宣言したプーチン氏が核戦力を含む「あらゆる手段」で領土を守ると主張していることに関しては、脅しに屈せず領土を取り戻そうとするウクライナを「支援し続ける」と明言した。

番組は9月30日に収録された。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細