現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

10月3日

秋風が吹くのを待っていたかのように、あの人もこの人も彼岸に旅立たれた。今日も含めてこの1週間、安倍晋三元首相の「国葬」をはじめ、小欄では5回も鬼籍に入られた方々にまつわるあれこれを書かせていただいている。このお二人もはずせない。

▼アントニオ猪木さんと武村正義元官房長官は、平成のある時期、党は違えど同じ国会議員として活躍し、不思議な共通点がある。猪木さんは、国会議員になった翌年、外務省の反対を振り切ってクウェートに侵攻した直後のイラクに飛び、クウェートから拉致された日本人人質の解放に成功した。

▼武村氏も衆院当選2回の身で、新党さきがけを立ち上げ、細川護熙政権で官房長官となる。二人とも因習と当選回数がモノを言う永田町では、異端の存在だった。もう一つ、北朝鮮と浅からぬ因縁を持っていたのも共通している。

ランキング

  1. 正論大賞に織田邦男氏、新風賞に松原実穂子氏 特別賞は安倍晋三元首相

  2. 【宮家邦彦のWorld Watch】戦いの悲劇…バルカンの地政学

  3. 【緯度経度】香港を震撼させた「国歌」演奏 藤本欣也

  4. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 サッカーW杯に水を差すつもりはないが…

  5. 【論壇時評10月号】「第四の政治理論」の危険な魅惑 文化部・磨井慎吾

  6. 【阿比留瑠比の極言御免】北の発射台表彰と反撃能力

  7. 【産経抄】12月1日

  8. 【主張】「放射能がうつる」いわれなき悪口で傷つけ…相次ぐ原発避難いじめ 差別と偏見許さぬ社会に

  9. 【産経抄】11月29日

  10. 【主張】中国のコロナ抗議 独裁体制の欠陥は明白だ

会員限定記事