広島の佐々岡監督が辞任 就任3年連続Bクラス

広島・佐々岡真司監督(撮影・水島啓輔)
広島・佐々岡真司監督(撮影・水島啓輔)

広島の佐々岡真司監督(55)が今季限りで辞任することが2日、分かった。球団幹部によると、ヤクルトがセ・リーグ2連覇を達成した翌日の9月26日に辞意を球団側に伝えて了承された。成績不振の責任を取った。後任はOBを基本線に選定する方針という。

2014年秋から古巣の広島で投手コーチを務め、20年シーズンから監督として指揮を執った。同年は5位、昨季は4位で、今季は就任から3年連続Bクラスとなる5位に終わった。

主砲だった鈴木誠也が米大リーグに移籍した今年は序盤戦では首位に立つなど、開幕ダッシュに成功。前半戦を勝率5割の2位タイで折り返したものの、後半戦は失速した。

2日の中日戦(マツダスタジアム)を残して66勝73敗3分け。

会員限定記事会員サービス詳細