サッカー試合後の暴動で129人死亡 インドネシア

1日、インドネシア東ジャワ州で行われたサッカーリーグの試合後の暴動で、負傷者を搬送する観客ら(AP)
1日、インドネシア東ジャワ州で行われたサッカーリーグの試合後の暴動で、負傷者を搬送する観客ら(AP)

【シンガポール=森浩】インドネシア東ジャワ州で1日、プロサッカーリーグの試合後に暴動が発生し、少なくとも129人が死亡、180人が負傷した。

地元メディアによると、アレマFCとペルセバヤ・スラバヤの試合終了後、敗北したホームチームのサポーターがピッチに侵入。治安部隊が催涙弾を発射し、スタジアム内が混乱に陥ったという。

地元警察は混乱の中で踏みつけられて死亡した人もいると話した。死者は観客が127人、警察官が2人だという。

インドネシアではサッカーの試合をめぐってサポーター間の衝突が多発しており、多くの試合で治安部隊が警戒に当たっている。

会員限定記事会員サービス詳細