ロッテ井口監督が辞意 最終戦後に表明

最終戦セレモニーで退任を発表し、スタンドにあいさつするロッテ・井口資仁監督=ZOZOマリンスタジアム(松永渉平撮影)
最終戦セレモニーで退任を発表し、スタンドにあいさつするロッテ・井口資仁監督=ZOZOマリンスタジアム(松永渉平撮影)

プロ野球ロッテの井口資仁監督(47)は2日、ソフトバンクとのシーズン最終戦後のあいさつで「今季限りで退任して、次の指揮官にバトンをつなぎたい」と辞意を表明した。

米大リーグでもプレー経験があり、日米通算2254安打をマークした井口監督は、現役引退後の2017年10月に就任。20年にはパ・リーグ2位となり、チームを16年以来のクライマックスシリーズ進出に導いた。昨季も2位だったが、今季は5位に終わった。

会員限定記事会員サービス詳細