山際氏更迭を重ねて要求 立民・岡田幹事長

山際大志郎経済再生担当相(千田恒弥撮影)
山際大志郎経済再生担当相(千田恒弥撮影)

立憲民主党の岡田克也幹事長は2日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との接点が次々と発覚している山際大志郎経済再生担当相について、岸田文雄首相が更迭すべきだとの認識を重ねて示した。訪問先の群馬県高崎市で記者団に「総合経済対策をとりまとめる責任者として適切かどうか、首相自身が考えるべきだ」と述べた。

教団側との関係を文書1枚での説明にとどめている細田博之衆院議長の対応も改めて批判。「国権の最高機関のトップであり、一般の議員より重い説明責任が求められる」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細