大谷、来季契約延長 エンゼルスと年俸43億円超

レンジャーズ戦を前に笑顔を見せる米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平。球団が来季契約に合意したと発表した=1日、アナハイム(共同)
レンジャーズ戦を前に笑顔を見せる米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平。球団が来季契約に合意したと発表した=1日、アナハイム(共同)

米大リーグ、エンゼルスは1日、大谷翔平(28)と1年3千万ドル(約43億5千万円)で来季契約に合意したと発表した。夏のトレード期間に移籍が取り沙汰された大谷は今季が同球団と2年契約の最終年で、延長するか注目されていた。

来季年俸は今季の550万ドルから大幅アップとなり、今オフに権利を得る年俸調停は回避した。2023年オフに移籍先を自由に選べるフリーエージェント(FA)になる。

投打の「二刀流」で活躍する大谷はメジャー5年目の今季、9月30日現在で投手では15勝8敗、防御率2・35。打者で打率2割7分6厘、34本塁打、94打点。8月に1918年のベーブ・ルース以来となる「2桁勝利、2桁本塁打」を達成し、初の規定投球回まではあと1イニングに迫っている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細