日本、アルゼンチンに快勝 バレー女子世界選手権

バレーボールの女子世界選手権は2日、オランダのアーネムなどで1次リーグ最終戦が行われ、D組で2次リーグ進出を決めていた日本はアルゼンチンに3―0で快勝し、4勝1敗の同組2位となった。

日本は石川(東レ)を軸に得点を重ねた。第1セットは25―17で先取。第2セットは25―19、第3セットは25―17で奪った。アルゼンチンは2勝3敗で4位通過。D組1位は中国で、3位がブラジル。

2次リーグは4日に始まる。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細