「仕事のストレスで」勤務先経営者宅に放火 容疑で男を逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

勤務先の経営者宅に火をつけ住人を殺害しようとしたとして大阪府警捜査1課と池田署は1日、現住建造物等放火と殺人未遂の疑いで、大阪府豊中市蛍池東町の会社員、中川将志容疑者(42)を逮捕した。「仕事や頼りない自分へのストレスで火をつけたが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は9月29日午前3時15分~同35分ごろ、勤務先の釣り具販売会社経営の男性(48)の大阪府池田市荘園にある自宅1階ガレージに放火し、就寝中だった男性ら家族4人を殺害しようとしたとしている。住宅は全焼したが、4人は逃げてけがはなかった。

府警によると、翌30日に現場検証をしていた際、捜査員が付近をうろつく中川容疑者を発見。話を聞いたところ、放火を認めたという。勤務先での目立ったトラブルは確認されておらず、府警が詳しい動機を調べる。

会員限定記事会員サービス詳細