優勝へ執念の勝利 オリ、バント安打で劇的サヨナラ

【オリックス―ロッテ】九回、サヨナラのセーフティーバントを決めるオリックスの福田=9月30日、京セラドーム大阪(斉藤友也撮影)
【オリックス―ロッテ】九回、サヨナラのセーフティーバントを決めるオリックスの福田=9月30日、京セラドーム大阪(斉藤友也撮影)

オリックスが30日、執念の勝利で優勝への望みを残した。3-3の九回2死三塁から、福田がサヨナラのバント安打でロッテに4-3で勝利。能見の引退セレモニーが控えていた試合。福田は「負けるわけにはいかなかった」と胸を張った。

展開的には嫌なムードだった。八回に勝ち越したが、九回に抑えの平野佳が同点に追い付かれた。しかし、連覇を信じてナインは奮起。その裏、先頭の紅林が二塁打を放ち、内野ゴロで三塁へ。2死で打席に入った福田に対し、ロッテ6番手のオスナは3ボール。「次はストライクがくる。一塁側に転がせるボールならバント」と福田。果たして内角高めのボールが来て、見事に狙った所へ転がした。一塁手のタッチをかいくぐり、紅林がホームイン。スタンドやベンチは大騒ぎで勝利を喜んだ。

中5日の先発マウンドに上がったエース山本の奮投も光った。力みからか決して本調子ではなく、一回に先制を許した。その後は走者を出しながらも粘りの投球で7回2失点に抑えた。エースは「みんなで勝ち取った1勝。次もみんなで勝てるように」と話した。

残るは10月2日の1試合。福田は「最後まで優勝を信じてやるだけ」と力を込めた。(鮫島敬三)

会員限定記事会員サービス詳細