中国7連休、党大会控えピリピリ 「国慶節」警備手厚く

国慶節を迎えた1日、北京市中心部の繁華街には中国国旗が目立った(三塚聖平撮影)
国慶節を迎えた1日、北京市中心部の繁華街には中国国旗が目立った(三塚聖平撮影)

【北京=三塚聖平】中国は1日に国慶節(建国記念日)を迎え、7日間の大型連休が始まった。習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が最高指導者として3期目入りを固める第20回中国共産党大会の開幕を16日に控え、当局は北京市中心部に多数の警官を配置。新型コロナウイルス再流行への警戒も強めている。

交通運輸省は、連休中にバスなど陸路による旅行者が延べ2億1千万人と予測する。前年同期比で3割減だ。中国当局が、コロナ対策として移動制限措置を強めていることが響く。

特に警戒が強まっているのが党大会開催地の北京市だ。市当局は国慶節前、市内で連休を過ごすよう市民に要請。旅先でコロナ感染者が出た場合は、北京に戻ることを当分は見合わせるよう求めている。北京の外資系企業で働く中国人男性は「北京に長期間戻れなくなる可能性があり、仕事にも影響するので旅行はあきらめた」とため息をつく。

北京のメディア関係者は「党大会前に北京でコロナ流行が起きて、開催に支障が生じて自らの責任を問われる事態を、当局は恐れている」と指摘する。

警備態勢も手厚くなっている。連休初日の1日、北京中心部の天安門広場付近では、多数の警官が配置され、観光客らの身分証の確認などを行っていた。米政府系のラジオ自由アジア(RFA)は、北京の人権活動家が10月8日までに市外に出るよう警察に求められていると伝えた。党大会中に北京で活動を行うことを警戒しているもようだ。

会員限定記事会員サービス詳細