首相「就任後決断の連続」 衆院解散やコロナ

岸田文雄首相
岸田文雄首相

岸田文雄首相は1日放送のBSテレ東番組で、4日に岸田政権発足から1年を迎えるのを前に「本当に決断の連続だった」と振り返った。「大きな決断」の例として就任直後に衆院解散・総選挙を断行したことや、新型コロナウイルスの水際対策、ウクライナ危機に伴う対ロシア政策転換を挙げた。

首相の重責について「閣僚など今まで経験した立場と比べ、責任の大きさ、決断の重みは格段に違う」と指摘。「責任や決断の重さをしっかりかみしめ、日々責任を果たしていかなければいけない」と力説した。

コロナ禍で傷んだ経済再生や物価高対策を念頭に「経済に関わる皆さんの意見を聞きながら、大きな方向性を見誤らないよう努力をする」と語り、自身が強みとする「聞く力」をアピールした。

会員限定記事会員サービス詳細