なんとも惜しいクルマをなくしました ホンダNSXタイプS試乗記

ホンダの「NSX」に設定された最終モデル「タイプS」に今尾直樹が試乗した。世界350台限定の貴重な和製スーパー・スポーツの完成度とは?

ホンモノの迫力がある

第2世代のホンダNSXタイプSに試乗する僥倖に恵まれた。

某日の朝10時。東京・青山一丁目のホンダ本社の地下駐車で、筆者はNSXタイプSの実物を初めて見た。まことにカッコイイと思った。「カーボンマットグレー・メタリック」という、ホンダ初のマット・カラーをまとっていて、これまでのNSXとは違っている。

たとえていえば、ランボルギーニ「アヴェンタドール」の、ちょっと小型版というような雰囲気。スーパーカー好きのココロをくすぐる。ステルス攻撃機のような、ヤバいヤツのオーラを醸し出すことに成功している。

タイプSは昨年8月に発表された、2代目NSXの集大成とされる高性能バージョンである。3.5リッターの75度V6ツイン・ターボは、最高出力507ps/6500〜7500rpmから529ps/6500〜6850rpmに、最大トルクは550Nm/2000〜6000rpmから600Nm /2300〜6000rpmに強化され、3つのモーターをつかさどるリチウム・イオン・バッテリーの制御系を見直すことで、エンジンとモーターを合わせたシステム最高出力は581psから610psに、最大トルクは646Nmから667Nmに引き上げられている。

もうちょっと簡単にいうと、最高出力がおよそ30ps、最大トルクは20Nm強化され、それに合わせて足まわりもチューン、さらに独自の前後バンパーを装着したのがタイプSなのだ。

そう。フロントは冷却と空力の改善のためにより複雑に、見たままで表現するとギザギザになっており、リアはダウン・フォースを稼ぐべく、ディフューザーが大型化されている。いずれもデザイナーとレース経験のあるエンジニアがシミュレーションや風洞、走行を重ねてつくりあげたものだそうで、機能に裏づけされた、ホンモノの迫力がある。

販売台数は全世界で350台、日本は30台ポッキリで、すでに完売している。2016年8月にデビューした2代目NSXは、このタイプSの生産終了をもって、本年12月に幕を閉じることになる。

じつのところ、筆者にとって2代目NSXのステアリングを握るのは今回が初めてでありまして、なんともはや、残念だとしか申し上げようがない。

もしもタイプSがもっと早く登場していたら……という想像をめぐらせないではいられない。結局2代目NSXというのは、初代NSXがそうであったように、フツーのクルマのように乗れるスーパー・スポーツであり、現代においてはハイブリッドがフツーのクルマとして認知される時代だったため、初代NSX以上にクルマのキャラクターの幅が広がっていて、もしくは革新的に過ぎて、同時代の私たちにはよく理解できなかった。ということではあるまいか。

会員限定記事会員サービス詳細