サーフィン、パリ五輪へ「巨大スラブ波」が壁 海外遠征を強化

サーフィンのワールドゲームズで優勝した五十嵐カノア=ハンティントンビーチ(共同)
サーフィンのワールドゲームズで優勝した五十嵐カノア=ハンティントンビーチ(共同)

サーフィンの2024年パリ五輪に向けた戦いが本格的に始まった。今月24日まで、米カリフォルニア州ハンティントンビーチでワールドゲームズ(WG)が開催され、日本は男子が団体で初優勝。全競技を通じて第1号となる五輪出場枠を勝ち取った。WGには、男子は東京五輪銀メダルの五十嵐カノア(木下グループ)、女子は同銅メダルの都筑有夢路(あむろ)(同)ら男女計6人が出場し、熱い戦いを繰り広げた。

パリ五輪の各国・地域の五輪出場枠は男女とも基本は「2」だが、今回のWGで男女別の団体成績で1位になれば、追加1枠が獲得できる。各国とも増枠を狙う中、五十嵐の強さが光った。

1回戦から8ラウンドを1度も負けずに圧勝。決勝では、難度の高い空中技を連発して、他の選手を寄せ付けず、初制覇を果たした。五十嵐の優勝もあり、11位の村上舜、25位の上山キアヌとの合計で国・地域別の最高得点をマーク。追加1枠を手にした。五十嵐は「自分が勝つことも目標だが、チームが金メダルを取ることの方が大切」と繰り返し話しており、有言実行の活躍だった。

サーフィンのワールドゲームズで男子の団体優勝が決まり、喜ぶ日本の五十嵐カノア(中央)ら=米カリフォルニア州ハンティントンビーチ(共同)
サーフィンのワールドゲームズで男子の団体優勝が決まり、喜ぶ日本の五十嵐カノア(中央)ら=米カリフォルニア州ハンティントンビーチ(共同)

会場のハンティントンビーチは五十嵐の地元。海底が砂地のため、バラエティーに富んだ波が上がる。天候などにより、刻々と変化するため「普通の波よりも乗りづらい」という。大会中は、自宅から通うことも可能だったが「子供のときから(波の特徴は)知っている。サポートできるところはしたい」とあえて日本チームの宿舎に滞在し、貴重なアドバイスを送ってチームを支えた。

五十嵐はプロ最高峰のチャンピオンシップツアー(CT)に参戦しており、今季、年間5位に入っている。来季も同様の活躍をして、CTで年間10位以内に入れば、パリ五輪の出場枠を獲得できる。そうすれば、今回手に入れた枠で、他の日本人選手にも五輪出場のチャンスが広がる。「五輪枠を目標に頑張りたい」と来季のCT優勝を目標に掲げた。

サーフィンが五輪種目になってから、各国とも強化を進めている。日本サーフィン連盟の井本公文副理事長は「日本は東京五輪(の強化)ばかりに目が行っていたが、各国はジュニア選手がどんどん成長している。日本は置いていかれている気がする」と危機感を抱く。実際、女子は21年のエルサルバドルでのWGの出場メンバーと顔ぶれが変わっておらず、今大会は都筑の17位が最高で、団体は9位に終わった。

加えて、新型コロナウイルスの影響で、海外遠征ができず、海外の大きい波への対応が遅れている。パリ五輪会場となるフランス領ポリネシアのタヒチは「後ろから見ると約2メートル、正面は約4メートルとなる巨大なスラブ波」(井元副理事長)として知られており、国内での練習では対応ができない。最近になって海外遠征が解禁されたが「1、2回行っただけでは、なかなか(感覚は)取り戻せない。海外の経験値をあげることが必須」と強調する。今後は、会場のタヒチを含めた海外遠征で強化を図っていく。(運動部 神田さやか)

会員限定記事会員サービス詳細