八村13得点「すごくいい経験」 NBAオープン戦

ウォリアーズ戦で攻め込むウィザ-ズの八村塁=さいたまスーパーアリーナ
ウォリアーズ戦で攻め込むウィザ-ズの八村塁=さいたまスーパーアリーナ

米プロバスケットボールNBAで八村塁の所属するウィザーズは30日、さいたまスーパーアリーナで行われた今季のオープン戦初戦で昨季王者ウォリアーズに87―96と敗れた。ウィザーズの一員としては初めて日本でプレーした八村が攻守に存在感を示した。

第1クオーターには昨季王者ウォリアーズのスター選手、カリーから鮮やかなスチールを決め、鋭いカウンターからのレイアップシュートもあった。試合には敗れたが、いずれもチーム最多の13得点、9リバウンドをマーク。「観客がたくさん入った中、ウォリアーズを相手にすごくいい経験だった。すばらしい瞬間だった」と振り返った。

もっとも2万497人が詰めかけた会場にはウォリアーズのファンも多く、ホームの後押しを受けたかという問いには「ホームだったんですけど、みなさん結構ウォリアーズを応援していて…」と苦笑い。日本の子供たちに向けては「もっと(日本出身の)NBA選手が出てきたら僕もうれしい。高い目標をもってやってほしい」と呼びかけた。

ウィザーズが日本でOP戦 八村先発、昨季王者に黒星

会員限定記事会員サービス詳細