円楽さん死去、林家たい平さん「兄貴のような存在。もう一度会いたい」

演芸番組「笑点」のメンバーと記念撮影する三遊亭円楽さん(後列右から2人目)=2016年5月、東京都千代田区
演芸番組「笑点」のメンバーと記念撮影する三遊亭円楽さん(後列右から2人目)=2016年5月、東京都千代田区

落語家の三遊亭円楽さんの死去を受け、テレビ番組「笑点」で共演した林家たい平さんは30日、自身のブログに心境をつづり、「もう一度会いたい」と死を悼んだ。

円楽さんについて、たい平さんは「私が笑点に入ってからずっと隣にいてくれました。どんなに心強かったことか。兄貴のような存在でもあり、笑点を、落語をもっとも愛している尊敬する師匠でした。これからもっとたくさん話して、教えてもらおうと思っていました」と振り返り、「本当はお別れなんかしたくありません。ずっと楽しいことを一緒にしていたかったです」とつづった。

投稿の最後には「師匠と出会えた私は幸せ者です。笑点の林家たい平を育てて下さいました。円楽っち! もう一度会いたいです」と呼び掛けた。

落語家の六代目三遊亭円楽さん死去 「笑点」メンバー

毒舌で「笑点」牽引、親しまれた「楽さん」 死去の三遊亭円楽さん

会員限定記事会員サービス詳細