現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

友好に名借りた「侵略」見つめる時 作家・ジャーナリスト 門田隆将

中国・北京の天安門広場に掲げられた同国の国旗(AP)
中国・北京の天安門広場に掲げられた同国の国旗(AP)

日中50年の節目に

日中国交正常化50年の節目を終え、日本と中国は新たな50年に踏み出した。

当時、文化大革命が全土を疲弊(ひへい)させ、中ソ対立で核攻撃の寸前まで追い込まれていた中国と、世界第2位の経済大国として高度成長を謳歌(おうか)していた日本。国交開始で局面打開に成功した中国は日本の援助と技術提供で徐々にインフラを整備し、国力をつけていく。

ランキング

  1. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  2. 【阿比留瑠比の極言御免】台湾蔑視する立民の傲慢

  3. 【産経抄】12月7日

  4. 【一筆多論】「親日」英外相に期待する 岡部伸

  5. 【浪速風】笑えない手打ち

  6. 【正論】東工大女子枠の真の狙いとは? エッセイスト 動物行動学研究家・竹内久美子

  7. 【主張】中国「海外闇警察」 政府は実態の解明を急げ

  8. 【一筆多論】「日本紀元2605年」インドネシア独立宣言書が西暦を使わなかった理由

  9. 【政界十六夜】「1月訪米」首相は行けるのか 石井聡

  10. 【スポーツ茶論】渋野の信念と今と未来 清水満

会員限定記事