現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

友好に名借りた「侵略」見つめる時 作家・ジャーナリスト 門田隆将

中国・北京の天安門広場に掲げられた同国の国旗(AP)
中国・北京の天安門広場に掲げられた同国の国旗(AP)

日中50年の節目に

日中国交正常化50年の節目を終え、日本と中国は新たな50年に踏み出した。

当時、文化大革命が全土を疲弊(ひへい)させ、中ソ対立で核攻撃の寸前まで追い込まれていた中国と、世界第2位の経済大国として高度成長を謳歌(おうか)していた日本。国交開始で局面打開に成功した中国は日本の援助と技術提供で徐々にインフラを整備し、国力をつけていく。

ランキング

  1. 【竹島を考える】「尖閣有事」ならぬ「国会有事」 憂うべき日本の状況

  2. 【美しき勁き国へ】櫻井よしこ 軍事力強化 目そらすな

  3. 【産経抄】12月5日

  4. 【異論暴論】旧統一教会問題に翻弄される いかがわしい「空気」の正体 正論1月号好評販売中

  5. 【加藤達也の虎穴に入らずんば】北朝鮮のスパイが「敵地」日本で接近した元首相、鳩山由紀夫氏の正体とは

  6. 【浪速風】勝敗を分けた数ミリの差

  7. 【主張】電力カルテル 不当な競争制限許されぬ

  8. 【正論】毛沢東時代に回帰する習近平 拓殖大学顧問・渡辺利夫

  9. 【主張】ウイグル人権決議 参院は今国会中に採択を

  10. 【世界の論点】ワールドカップを巡る人権批判

会員限定記事