コースター骨折事故3件 山形の遊園地、小学生被害

山形県上山市の遊園地「リナワールド」で4~7月、ジェットコースターの利用客3人が骨折する3件の事故が起きていたことが30日、県などへの取材で分かった。被害者3人中2人が小学生だった。事故が起きたコースター2基は運休しており、遊園地が原因を調べている。

県と遊園地によると、4月30日、16人乗りの「ジェットコースターディスカバリー」で、40代男性が肋骨を折った。6月25日には同じコースターで、小学生女児が左鎖骨にひびが入るけがをした。別の16人乗りの「スーパーコースター」で7月8日、小学生男児が右鎖骨を折った。

いずれも走行中に車体内の側壁に強くぶつかったとみられる。

リナワールドの担当者は「けがをされた方にお見舞い申し上げる。事故原因を調べ、安全管理を徹底する」としている。

会員限定記事会員サービス詳細