細田衆院議長、旧統一教会側との接点を追加説明の意向

議長室に入る細田衆院議長=30日午後、国会
議長室に入る細田衆院議長=30日午後、国会

細田博之衆院議長は30日、山口俊一衆院議院運営委員長(自民)らと面会し、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)側との関係について追加説明に応じる意向を示した。追加説明は自民党が実施した点検項目などを参考に、改めて文書で公表される見通し。山口氏が国会内で記者団に明らかにした。

細田氏は29日に旧統一教会との関係を認め、関連団体の会合への出席や関連メディアの取材を受けていたことを文書で公表。しかし、野党側は、文書は「疑念、疑問がある」として、細田氏による国会での説明や記者会見が必要だと要求していた。

山口氏は細田氏に「10日をめどに出してほしい」と伝え、細田氏もこれに応じる意向を示したという。

一方、与野党は30日の衆院議院運営委員会理事会で、10月3日召集の臨時国会をめぐり5、6両日に各党の代表質問を行う日程で合意した。

会員限定記事会員サービス詳細