露、ウクライナ2州「独立」承認

プーチン露大統領(タス=共同)
プーチン露大統領(タス=共同)

ロシアのプーチン大統領は、露軍が大部分を占領するウクライナ南部ヘルソン州とザポロジエ州の「独立」を承認する大統領令に署名した。タス通信が30日報じた。ロシアは同日、先に強行した露編入の賛否を問う「住民投票」で賛成多数とする結果が公表された両州と東部ドネツク、ルガンスク両州の親露派勢力との間で、4州の露併合を定める「条約」の調印を予定しており、独立の承認はこれに先立つ措置。

露国内法は、新たな領土の併合には「他国からの要請」が必要だと規定。このためロシアが4州を併合するには、先に「国家」承認済みの東部2州に加え、南部2州も「国家」承認する必要があった。

会員限定記事会員サービス詳細