現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

9月30日

かつてロシアのプーチン大統領は、「言いたいヤツには言わせておけ。犬が吠(ほ)えても、隊列は前へ進む」とうそぶいた。現地にくわしいジャーナリストの酒井陸三さんは、「吠えたら、すぐ口封じされる」「ねじ伏せられる」というのが、本当のところだという(『ロシアン・ジョーク』)。

▼確かにウクライナへの軍事侵略に抗議の声を上げても、治安当局によって抑えつけられてきた。もっとも自分たちに関係がない「軍事作戦」とは偽りで、部分動員令により戦場に送られるとなれば話は別だ。徴兵対象となる若者には、「逃げる」という選択肢があった。

▼脱出目的の車が国境に殺到し、航空便のチケットの価格も急騰している。戦場の悲惨な状況が伝われば、徴兵忌避の動きがますます広がるはずだ。

ランキング

  1. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  2. 【阿比留瑠比の極言御免】台湾蔑視する立民の傲慢

  3. 【産経抄】12月8日

  4. 【主張】中国の核1500発へ 米は核抑止力の充実図れ

  5. 【主張】NHK新会長 改革止めず公正な放送を

  6. 【一筆多論】「親日」英外相に期待する 岡部伸

  7. 【浪速風】笑えない手打ち

  8. 【産経抄】12月7日

  9. 【正論】東工大女子枠の真の狙いとは? エッセイスト 動物行動学研究家・竹内久美子

  10. 【主張】中国「海外闇警察」 政府は実態の解明を急げ

会員限定記事