現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

9月30日

かつてロシアのプーチン大統領は、「言いたいヤツには言わせておけ。犬が吠(ほ)えても、隊列は前へ進む」とうそぶいた。現地にくわしいジャーナリストの酒井陸三さんは、「吠えたら、すぐ口封じされる」「ねじ伏せられる」というのが、本当のところだという(『ロシアン・ジョーク』)。

▼確かにウクライナへの軍事侵略に抗議の声を上げても、治安当局によって抑えつけられてきた。もっとも自分たちに関係がない「軍事作戦」とは偽りで、部分動員令により戦場に送られるとなれば話は別だ。徴兵対象となる若者には、「逃げる」という選択肢があった。

▼脱出目的の車が国境に殺到し、航空便のチケットの価格も急騰している。戦場の悲惨な状況が伝われば、徴兵忌避の動きがますます広がるはずだ。

ランキング

  1. 【主張】古墳時代の発見 日本文化の豊かさ示した

  2. 【産経抄】無料プラン記事

  3. 【主張】衆院選「一票」判決 不断の格差見直し怠るな

  4. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  5. 【新聞に喝!】朝日の「戦争を防ぐ確かな手立て」とは? 日本学術機構代表理事・政治学者 岩田温

  6. 【産経抄】1月29日無料プラン記事

  7. 【産経抄】1月28日無料プラン記事

  8. 【iRONNA発】元恋人独占激白! 清原和博「転落人生」の全真相 生島マリカ(作家)

  9. 【主張】ロシアの復帰検討 IOCの愚策支持できぬ

  10. 【主張】コロナ「5類」 移行の準備に万全を期せ