木村が単独首位に浮上 日本女子オープン第2日

第2日目12番ホール、ティーショットを放つ木村彩子=千葉県野田市の紫カントリークラブ すみれコース(戸加里真司撮影)
第2日目12番ホール、ティーショットを放つ木村彩子=千葉県野田市の紫カントリークラブ すみれコース(戸加里真司撮影)

女子ゴルフの日本女子オープン選手権第2日は30日、千葉県紫CCすみれ(6839ヤード、パー72)で行われ、6月以来のツアー通算2勝目を目指す26歳の木村彩子が2バーディー、2ボギーの72で回り、通算2アンダー、142で単独首位に立った。森田遥と菅沼菜々が1打差の2位。

佐久間朱莉(しゅり)、イ・ミニョン(韓国)、川崎春花、上田桃子、佐藤心結(みゆ)が通算イーブンパーの4位で、稲見萌寧(もね)、小祝さくら、吉田優利ら6人が1オーバーの9位。

8月に全米女子アマチュア選手権を制した17歳の馬場咲希(東京・代々木高)は73で回り、通算2オーバーの15位につけた。前年覇者の勝みなみと前週優勝でポイントランキング首位の山下美夢有(みゆう)は3オーバーの19位。

通算7オーバーまでの64人が決勝ラウンドに進んだ。

上田4位タイ、四大大会52度目で悲願のVへ 女子ゴルフ第2日

会員限定記事会員サービス詳細