中国ジェット機に型式証明 「C919」、商用運航へ

中国初の国産中型ジェット旅客機「C919」(CNS=共同)
中国初の国産中型ジェット旅客機「C919」(CNS=共同)

中国国営中央テレビは30日、中国初の国産中型ジェット旅客機「C919」が運航に必要な安全認証の型式証明を取得したと報じた。年内には航空会社に引き渡すとしている。商用運航が始まることになる。

習近平国家主席が北京で開発担当者らと面会し、成果を称賛した上で「国を挙げての取り組みの優位を生かし、製造強国の建設を推進せよ」と激励した。

C919は国有企業、中国商用飛行機(上海市)が手がける。最大168席。中国メディアによると、最初に引き渡しを受けるのは中国東方航空となる。既に20以上の顧客から800機以上を受注している。

C919は2015年に1号機の組み立てを完了。17年に初飛行にこぎ着け、試験飛行を繰り返してきた。(共同)


会員限定記事会員サービス詳細