87%が歩きスマホ経験 「危険感じた」民間調査

歩きスマホへの注意を呼びかけるうちわ
歩きスマホへの注意を呼びかけるうちわ

歩きながらスマートフォンを操作したり、見たりする「歩きスマホ」について、スマホを持つ社会人の87・9%が「経験あり」と回答したことが30日、民間調査で分かった。このうち、危険を感じる体験をしたことがある人は計73・3%で、コメント欄には、実体験に基づく歩きスマホへの否定的な意見が多く寄せられた。

調査は8月31日~9月5日、就職やキャリアに関する研究機関「Job総研」を運営する「ライボ」(東京)がインターネットで実施。18~59歳の仕事を持つ2235人が回答した。

全体の99・1%がスマホを所有、歩きスマホの経験の有無についてはうち87・9%が「経験あり」とした。その際に危険を感じる体験をしたかを尋ねると、「少し危険を感じた」が47・1%、「危険を感じた」18・5%、「すごく危険を感じた」7・7%となり、合わせて73・3%だった。

会員限定記事会員サービス詳細