かっぱ寿司社長逮捕へ 「はま寿司」の営業データ不正取得疑い

カッパ・クリエイトの田辺公己社長
カッパ・クリエイトの田辺公己社長

警視庁は近く、競合他社の営業秘密を不正に取得したなどとして、不正競争防止法違反容疑で、回転ずしチェーン「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイト(横浜市西区)の田辺公己社長(46)ら数人を逮捕し、法人としての同社を書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で29日、分かった。

田辺社長は以前、同業の「はま寿司」(東京都港区)の取締役を務めていた。捜査関係者によると、カッパ・クリエイトに移る令和2年11月前後に、はま寿司の営業秘密を不正に取得した疑いが持たれている。

警視庁はカッパ・クリエイトが組織的に、はま寿司のデータなどの営業秘密を不正に入手したとみて捜査。どれだけの利益を不当に得たか精査していた。

カッパ・クリエイトは昨年7月、田辺社長が、はま寿司から不正競争防止法違反容疑で告訴され、同6月に本社が警視庁による家宅捜索を受けたと発表した。

会員限定記事会員サービス詳細