立民・泉氏「老害的」から一転「松井さん秀逸」

立憲民主党の泉健太代表
立憲民主党の泉健太代表

立憲民主党の泉健太代表は30日の記者会見で、日本維新の会の松井一郎前代表(顧問)が立民との「共闘」に反発を強める大阪維新の会府議団を批判したことについて、「秀逸だ。さすが松井さん、切れ味がありカミソリのようだ」と持ち上げた。

立民と維新との「共闘」をめぐっては、維新の府議団が「立民と選挙協力するとの誤解が広まっている」として反発し、29日に丁寧な説明を求めて馬場伸幸代表に書面で申し入れを行った。

松井氏は府議団のこうした対応を、「共闘という言葉に過剰に反応する必要はない。大阪(府議会)で過半数を持つ第一党として幼稚だ」と批判していた。

泉氏は、松井氏が「(立民と選挙協力するなら)維新を徹底的にたたく」と発言した際は「老害的だ」と反発していたが、今回は一転して「(府議団の)文句を一喝した」と松井氏をおだてた。

会員限定記事会員サービス詳細