担任が児童にいじめ行為「無視しよう」 滋賀・野洲

滋賀県野洲市立小学校で2年生の担任だった50代の男性教諭が男子児童に対し「スルー(無視)しよう」などと繰り返し発言し、学校が「いじめ行為」と認定して担任を交代させたことが29日、市教育委員会への取材で分かった。

市教委によると、教諭は今年5月ごろから児童が授業中に質問した際、他の児童の前で「言葉を知らんな」「うるさい」「スルーしよう」などと繰り返し発言した。教諭の発言を受け、周りの同級生も「スルーしよう」と同調することもあったという。

教諭は学校の聞き取りに「仕事が忙しく、質問で授業が止まらないようにスルーしようと言ってしまった。自分の発言で他の児童を助長して申し訳なかった」と話しているという。

男子児童から授業の内容を聞いた保護者が7月、学校へ問い合わせて発覚。学校は8月に保護者への説明会を開き、2学期から担任を交代させた。

会員限定記事会員サービス詳細