「ミヤネ屋」「ひるおび」出演の弁護士3人を提訴 旧統一教会

世界平和統一家庭連合(旧:統一教会)渋谷家庭教会の外観=東京都渋谷区
世界平和統一家庭連合(旧:統一教会)渋谷家庭教会の外観=東京都渋谷区

テレビ番組にコメンテーターとして出演した弁護士3人の発言で名誉を毀損(きそん)されたとして、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が29日、3人と番組を放送した読売テレビ、TBSを相手取り計6600万円の損害賠償や謝罪放送などを求めて東京地裁に提訴した。

提訴された3人は、読売テレビの「情報ライブ ミヤネ屋」に出演した紀藤正樹氏と本村健太郎氏、TBSの「ひるおび」に出演した八代英輝氏。

訴状によると、3人は7~9月に出演した番組内で家庭連合について「信者に対し売春させていた事件まである」(紀藤氏)「司法の判断として布教活動自体が違法だと認定済み」(本村氏)「教団がやっている外形的な犯罪行為」(八代氏)などと発言。家庭連合側は「事実に反しており、社会的評価を著しく低下させた」と主張している。

TBSは「訴状を受け取っておらずコメントを差し控える」、読売テレビは「訴状を確認した上で今後の対応を検討する」としている。

提訴後に記者会見した家庭連合総務局副局長の近藤徳茂氏は「ツイッター上などで発言が出回り、信者からも本部に抗議があった」と話した。家庭連合によると、「売春」発言については紀藤氏から「旧統一教会の分派についてのものだった」と弁明があったという。

会員限定記事会員サービス詳細