老人ホームで女性に薬物飲ませる、傷害容疑で元職員逮捕 長野

長野県塩尻市内の老人ホームで女性に薬物が入った飲み物を飲ませたとして、県警は29日、傷害容疑で、同県下諏訪町の無職、望月大輔容疑者(39)を逮捕した。捜査関係者によると、被害者の女性は施設の利用者ではないという。症状は軽く、命に別条はない。

逮捕容疑は4月28日午後、望月容疑者が当時働いていた塩尻市内の老人ホームで女性に薬物入りの飲み物を飲ませ、薬物中毒とみられる傷害を負わせたとしている。

県警によると、女性は体調を崩し同県松本市内の病院に搬送されたが、同日中に帰宅。関係者が110番通報した。

会員限定記事会員サービス詳細