日中50年で首相「共に新たな未来を」 3年途絶える対面会談

壇上で記念撮影に臨む(左から)中国の孔鉉佑駐日大使、経団連の十倉雅和会長、自民党の福田康夫元首相、林芳正外相、二階俊博元幹事長、河野洋平元衆院議長=29日午後、東京都千代田区(川口良介撮影)
壇上で記念撮影に臨む(左から)中国の孔鉉佑駐日大使、経団連の十倉雅和会長、自民党の福田康夫元首相、林芳正外相、二階俊博元幹事長、河野洋平元衆院議長=29日午後、東京都千代田区(川口良介撮影)

1972(昭和47)年の日中国交正常化から29日で50年を迎えた。岸田文雄首相と習近平国家主席は祝賀メッセージを交換し、新時代の日中関係の構築を呼びかけた。しかし、東・南シナ海では中国が覇権主義的な行動を強めるなど緊張関係は続いている。首脳の対面による正式会談も3年近く途絶えたままで、祝賀ムードとは程遠い状況だ。

経団連や日中友好団体などは同日、東京都内のホテルで記念行事を開催。日本側から福田康夫元首相、自民党の二階俊博元幹事長、中国側から孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日大使らが出席した。首相は招待を受けたが出席を見送り、会場で両首脳のメッセージが代読された。

首相は「50年前に両国の国交正常化を成し遂げた原点を思い直し、共に日中関係の新たな未来を切り開いていくことが重要だ」と強調した。習氏は「新しい時代の要求にふさわしい中日関係を構築するよう牽引(けんいん)していきたい」とのメッセージを送った。

中国・北京の釣魚台迎賓館でも同日、中国側の主催で記念式典が開かれ、全国人民代表大会(全人代)常務委員会の丁仲礼(てい・ちゅうれい)副委員長らが出席し、日本側からは垂秀夫(たるみ・ひでお)大使が参加した。

日中両国の50年は協調と対立を繰り返した。日本は総額3兆6千億円を超える政府開発援助(ODA)を投じて中国の経済発展を後押しし、中国は最大の貿易相手国となった。2010(平成22)年には中国の国内総生産(GDP)が日本を抜いて世界2位に躍り出た。中国が領有権を主張する尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺では中国海警局の船が領海侵入するなど挑発行為を常態化。29日も領海外側の接続水域で4隻を航行させた。


会員限定記事会員サービス詳細