維新・松井氏「もつれた糸ほどけた」 立民共闘「反対」騒動

記者団の質問に答える日本維新の会の松井一郎前代表=29日午後、大阪市役所(土屋宏剛撮影)
記者団の質問に答える日本維新の会の松井一郎前代表=29日午後、大阪市役所(土屋宏剛撮影)

日本維新の会の松井一郎前代表(顧問)は29日、立憲民主党と合意した国会内共闘をめぐり、日本維新の母体である地域政党「大阪維新の会」の大阪府議団が反発したことについて「(日本維新の)常任役員会で意思疎通を丁寧にしようという話があったと馬場(伸幸)代表から聞いた。もつれた糸をうまくほどくことができたんじゃないか」と述べ、事態の沈静化を強調した。

大阪維新府議団は28日の会合で、来年春に見込まれる統一地方選を前に、日本維新と立民が選挙協力するとの誤解が広まっていると主張。事前の説明もなく、共闘に「断固反対」の立場を明らかにしていた。

これに対し、松井氏は同日、「共闘という言葉に過剰反応するのは大阪(府議会)で過半数を持つ第一党として幼稚だ」と指摘。「(府議団とは)もう付き合いたくない」とも述べ、日本維新への反発は〝おごり〟だと批判していた。

日本維新は共闘に関し、29日の常任役員会で府議団にも経緯を説明し、理解を得たとしている。松井氏はこの日、記者団に「聞いていないからだめとか、(府議団は)そういうことをやめた方がいい。苦言を呈するにしても、納得感のある発言を求めたい」とした。

会員限定記事会員サービス詳細