ロシア外相、大戦巡り日本批判「軍国主義の犯罪忘れず」

ロシアのラブロフ外相(タス=共同)
ロシアのラブロフ外相(タス=共同)

ロシアのラブロフ外相は28日、ロシア外務省の外交アカデミーで開かれた国際会議にメッセージを寄せ、第2次大戦を巡り「日本の軍国主義の犯罪には時効がなく、忘れてはならない」と日本を批判した。タス通信が伝えた。

ロシアはウクライナ侵攻を受けて制裁を科した日本に反発。極東ウラジオストクの日本総領事館の領事を拘束、国外退去とするなど両国関係の悪化が進んでいる。

ラブロフ氏のメッセージは「日本の軍国主義の犯罪」と題して開かれた会議で読み上げられた。日本が「アジア太平洋地域の国々への侵略に反省の言葉を述べていないだけでなく、われわれの国に対して全く根拠のないばかげた批判をしている」と主張。「歴史に対するこうしたアプローチは国連中心の世界秩序を損ねるもので、容認できない」と非難した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細