防衛省が元自衛官の性被害認め謝罪 関与隊員、懲戒処分へ

防衛省
防衛省

元陸上自衛官の五ノ井里奈(ごのい・りな)さん(23)が性被害を訴えている問題で、防衛省は29日、内部調査の結果、事実を認めて本人に謝罪すると明らかにした。所属の中隊で日常的に性的な発言などのセクハラがあった。さらに令和2年秋から昨年8月にかけて、訓練中に押し倒されるなどの被害を確認した。関与した隊員の特定を進め、速やかに懲戒処分にする。

防衛省によると、昨年8月の被害の後、五ノ井さんから訴えを受けた中隊長は上司に当たる大隊長への報告を怠った。ほかにも複数の女性隊員がセクハラ被害を受けていたことも判明した。

陸自東北方面隊が主体となって昨年8月末から調査を開始し、これまで約100人の隊員から聞き取りをした。五ノ井さんにも複数回話を聞いたという。

会員限定記事会員サービス詳細