全米アマ女王、馬場は22位「足が震えた」

【女子ゴルフ『日本女子オープンゴルフ選手権』】<第1日目>14番ホール パターを手にするアマチュアの馬場咲希=千葉県野田市の紫カントリークラブ すみれコース(戸加里真司撮影)
【女子ゴルフ『日本女子オープンゴルフ選手権』】<第1日目>14番ホール パターを手にするアマチュアの馬場咲希=千葉県野田市の紫カントリークラブ すみれコース(戸加里真司撮影)

女子ゴルフの日本女子オープン選手権第1日は29日、千葉県紫CCすみれ(6839ヤード、パー72)で行われ、8月に全米女子アマチュア選手権を制した17歳の馬場咲希(東京・代々木高)は73で回り、22位につけた。

平日にもかかわらず4674人の大ギャラリー。その多くに囲まれた全米アマ勝者・馬場は7番(パー5)で最初のバーディーを奪って喝采に応えた。

実は「最初の2、3ホールは足が震えていた」と告白し、17歳らしさも見せたが、そこは女王。「前半はいいリズムで100%の出来。後半はショットが曲がって…」と2つのボギーを打ったが、初日1オーバーの22位タイは及第点だ。

前年覇者の勝みなみ、今季5勝の西郷真央との同組には「すごいメンバーにびっくり。ギャラリーも多くて、本当に楽しかった」と笑顔だった。

会員限定記事会員サービス詳細