野党足並みそろわず 国民民主、国会法改正案乗らず

国民民主党の玉木代表
国民民主党の玉木代表

国民民主党は29日、立憲民主党や日本維新の会などが10月3日召集の臨時国会で提出を予定している国会法改正案について、共同提出は見送ることを決めた。改正案は臨時国会の召集要求に対して政府に20日以内に応じることを義務付ける内容。立憲と維新が28日に国会内で開いた野党6党1会派の国対委員長会談で、共同提出を提案した。

国民民主党だけが会談で対応を保留とし、29日の党会合で対応を協議した。大塚耕平政調会長は記者団に「方向性は同じだが、もう少し党内議論を行う」と説明した。国会法改正案に関しては、野党の足並みはそろわなかった。

会員限定記事会員サービス詳細