国交50年で習氏「中日関係の発展を高度に重視」 北京でも記念式典

中国の習近平国家主席
中国の習近平国家主席

【北京=三塚聖平】中国の習近平国家主席は29日、日中国交正常化50年を迎えたことを受けてメッセージを岸田文雄首相に送った。中国外務省によると、習氏は「私は中日関係の発展を高度に重視している」と強調。その上で「岸田首相とともに、双方が国交正常化50周年を契機に、時代の潮流に従い、新時代の要求にふさわしい中日関係を構築するようリードしていきたい」と呼び掛けた。

北京の釣魚台迎賓館では同日、中国側の主催で国交正常化50年の記念式典が開かれた。中国人民対外友好協会と中日友好協会が主催し、全国人民代表大会(全人代)常務委員会の丁仲礼副委員長、呉江浩外務次官補、駐日大使経験者の崔天凱、程永華両氏が出席。日本側からは垂秀夫駐中国大使が参加した。

丁氏は式典で、日中の経済関係が深まっているとして「両国は既に持ちつ持たれつの利益共同体となっている」と強調。日本側に対し「安定的で健全、強靭な中日関係を次の50年へ持ち越すために尽力していきたい」と呼び掛けた。

垂大使は「昨今、日中関係は負のスパイラルに陥りがちだ」と指摘。その上で「自分の主張は全て正しく、相手の譲歩だけを求めるという姿勢を互いに取り合えば、閉塞的な現在の日中関係を打開することはできない」と訴えた。

日中50年で首相「共に新たな未来を」 3年途絶える対面会談


会員限定記事会員サービス詳細