台風18号、大東島接近へ 強風や高波警戒、気象庁

気象庁
気象庁

台風18号は29日、日本の南の海上を北に進んだ。同日夕から夜遅くにかけて大東島地方へ接近する見込みで、気象庁は、30日にかけ強風や高波に警戒し、落雷や強い雨に注意するよう呼びかけた。

気象庁によると、台風18号は29日午前6時現在、時速約20キロで北上した。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル。中心の北東側220キロ以内と南西側165キロ以内では風速15メートル以上の強風となった。30日朝には南大東島の東北東に進む見通し。

大東島地方で29日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は20メートル(30メートル)、30日は18メートル(25メートル)。29日に予想される波の高さは5メートル、30日は4メートル。

会員限定記事会員サービス詳細