現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

9月29日

昭和45年1月、プロ野球西鉄(現西武)の投手だった池永正明さんは、入団6年目のシーズンを迎えようとしていた。稲尾和久監督は、すでに99勝を挙げている23歳の若きエースに意外な相談をもちかける。「登板しない日もベンチに残って代打としてチームに尽くしてくれないか?」。

▼打撃と走塁にも自信があった池永さんは、当時の報知新聞に新たな目標を掲げている。投手としては25勝、打者としては打率2割5分、本塁打10本、打点30。しかし二刀流の活躍はなかった。

▼球界を覆いつつあった「黒い霧事件」を報じる記事に、まもなく池永さんの名前も登場する。池永さんは先輩から現金100万円を預かったことは認めたが、八百長への関与は否定した。実際、問題となった試合に登板していなかった。それでも永久失格処分が下される。

ランキング

  1. 【阿比留瑠比の極言御免】台湾蔑視する立民の傲慢

  2. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  3. 【産経抄】12月8日

  4. 【主張】中国の核1500発へ 米は核抑止力の充実図れ

  5. 【主張】NHK新会長 改革止めず公正な放送を

  6. 【一筆多論】「親日」英外相に期待する 岡部伸

  7. 【浪速風】笑えない手打ち

  8. 【正論】東工大女子枠の真の狙いとは? エッセイスト 動物行動学研究家・竹内久美子

  9. 【産経抄】12月7日

  10. 【主張】中国「海外闇警察」 政府は実態の解明を急げ

会員限定記事