新幹線の旅、行き先は抽選 JR東、12月から新事業

JR東日本のロゴ
JR東日本のロゴ

JR東日本は、東北、秋田、山形、上越、北陸の各新幹線駅の中から抽選で行き先が決まる新しい旅行事業「どこかにビューーン!」を12月から始める。「思いもよらない出会いや体験がお得にできる」とアピール。東京駅で29日、先行体験イベントを開いた。

「どこかにビューーン!」では東京駅からおおむね150キロ以上離れた47駅が目的地の候補となる。JR東のインターネット予約サービス「えきねっと」で申し込む際に出発日や帰着日、人数などを入力すると、おすすめの4駅が提示される。決済後、その中からランダムに行き先が選ばれる。出発駅は東京、上野、大宮の3駅。

支払い方法は、鉄道利用などでためられるJR東の「JREポイント」のみ。行き先にかかわらず6千ポイントで往復できる。例えば東京―秋田間の往復料金は新幹線指定席が約3万6千円で、ポイントを切符に交換する場合も通常は2万4220ポイントかかるため、格安で旅行できるとしている。

会員限定記事会員サービス詳細