彼の支援なくして五輪なし バッハ会長、安倍氏を追悼

安倍元首相の国葬会場に到着したIOCのバッハ会長(左)と太田委員=27日午後0時51分、東京都千代田区の日本武道館(代表撮影)
安倍元首相の国葬会場に到着したIOCのバッハ会長(左)と太田委員=27日午後0時51分、東京都千代田区の日本武道館(代表撮影)

27日の安倍晋三元首相の国葬に出席した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は28日、東京五輪・パラリンピックの招致や新型コロナウイルス禍での開催へ尽力した安倍氏について「彼の支援なくして東京五輪の開催はなかったでしょう」と改めて追悼した。

IOCの公式サイトによると、バッハ氏は「安倍氏は五輪を愛し、五輪の価値や特に若者の生活を変えるスポーツの力を強く支持していた。選手や世界中のファンは多大な恩義を感じている」ともコメント。国葬後には喪主の昭恵夫人や岸田文雄首相とも面会したという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細